スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

民泊ビジネス~個人宅を有料で貸し出す~<大田区で規制緩和>

民泊とは、個人で自宅を旅行者などに有料で貸し出すこと。

通常、このような営業行為を行う場合は、設備・消防法・建築基準法などをきちんとクリアしていることを確認できるように「営業許可の届け出」が必要となっている。

オリンピックも近づき観光者・旅行者も増えているなか、現在でも羽田空港に近い大田区ではホテル・旅館などの稼働率は9割を越えている。

今では「Airbnb」のような個人宅を貸し出すサービスが出ているが、民泊をおこなっている者の現実は前述した届け出をしていないという所も多く、

安全面でも考慮すべき点があることから、大田区は民泊について事実上の規制緩和の条例を制定した。

これは国内初。
スポンサーリンク
民泊ビジネスを行う場合、
規制緩和された旅館業法の概要は以下のようなもの。

:1居室の面積が25㎡以上
:宿泊期間が7日~10日間の範囲内であること(※)
 ※ホテル・旅館経営を圧迫しないための処置である
:浴室・トイレの設備
:カギが掛けられること

などが用件となっている。

規制緩和によるこの条例が成立したことで、
2013年から2014年の1年だけで訪日外国人が45.5%増加した実情に加え、オリンピック・パラリンピックに向けてさらに爆発的に今後増加し続けるであろう旅行者に、民泊ビジネスが安全の名の元で広がりをみせそうです。

現在は、東京都大田区内のみをこの旅館業法の特例区域に指定しています。

不法滞在や知らない場所へ人が集まっていく(届け出をしていない場合)ような、近隣の住人の不安をかりたてることが無くなるように、これからも指定区域が広がっていくと良いと思いますね。

スポンサーリンク
| ホーム |

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。