スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

孫子の兵法の名言・名ゼリフ・格言・座右の銘まとめ

「孫子の兵法の名言まとめノート」
スポンサーリンク

◎有名な格言・座右の銘◎


孫子の兵法 名言

孫子曰、
兵者國之大事、
死生之地、存亡之道、
不可不察也。

【意訳】
孫子はいう。
戦争は国の重大事であり、
生死・存亡がかかっていることを察しなければならない。





孫子の兵法 名言

兵者詭道也。

故能而示之不能、用而示之不用、
近而示之遠、遠而示之近。.

利而誘之、亂而取之、
實而備之、強而避之、怒而撓之、
卑而驕之、佚而勞之、親而離之。
攻其無備、出其不意。
此兵家之勝、不可先傳也。

【意訳】
戦争は、騙し合いである。

ゆえに
出来ることも出来ないように、
必要でも不要であるように、
近くにいても遠くにいるように見せる。

有利と思わせて誘い、
混乱させて討ち取り、
充実している敵には備え、
強い敵は避け、
怒る敵をかき乱し、
敵が低姿勢ならばいい気にさせておき、
充実している敵は疲れさせ、
団結している敵は分裂させる。

敵の無防備なところを攻め、
敵の不意をつく。

これが兵家の勝ちかたであり、
先は予測できないことであるから、
その時々に臨機応変に対応するものである。


孫子の兵法 名言

善用兵者、
役不再籍、糧不三載、
取用於國、因糧於敵。
故軍食可足也。

國之貧於師者、遠輸。
遠輸即百姓貧。

近於師者貴賣。
貴賣則百姓財竭。
財竭則急於丘役。
力屈財殫、中原内虚於家、
百姓之費、十去其七。

公家之費、
破車罷馬、甲冑矢弩、戟楯蔽櫓、丘牛大車、
十去其六。

故智將務食於敵。
食敵一鍾、當吾二十鍾、
[忌に草かんむりの漢字]稈一石、當吾二十石。


【意訳】
戦争を上手に動かす者は、
国民から、兵役を再度と行わず、食料を三度とは運び出さない。
戦に必要なものは、自国から出すけれども、
食料は、敵地のものを得る。
ゆえに、兵たちの食料は十分なのである。

戦争のために国が貧しくなるのは、
遠くに食料を運ぶからこそである。
遠くに運ぶと、民衆はすぐに貧しくなる。

近くで戦争がある者は、物を高く売る。
物が高く売られていると、民衆は蓄えを失ってゆく。
蓄えがなくなっていけば、戦争の兵にも苦しむ。
戦力が尽き、その内輪の家々に財産が失くなる。
民衆に対する費用は、十のうち七が減らされる。

公家の費用も、
戦車は壊れ、馬は疲れ、
鎧や矢、盾や鉾、牛や大車などのために
十のうち六が減らされる。

ゆえに、
智将はできるだけ敵の食料をうばい食べる。
敵の一鍾は、味方の二十鍾に相当し、
一石は、二十石に相当する。


・・・・・・・・・・・・・・・

□他にも孫子の兵法の名言を検索してみますか?
孫子の兵法 名言をヤフー検索


スポンサーリンク
| ホーム |

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。