スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

佐藤一斎の名言&格言&座右の銘【まとめ】

心に残るコトバ☆まとめノート

「佐藤一斎の名言・格言」
スポンサーリンク

◎有名な座右の銘◎

"少而学則壮而有為
壮而学則老而不老
老而学則死而不朽"

少くして学べば 則(すなわ)ち 壮(そう)にして為(な)すこと有り。
壮にして学べば 則ち 老いて衰(おとろ)えず。
老いて学べば 則ち 死して朽(く)ちず。



・・・・・・・・・・・・・・・


佐藤一斎 名言1)


智、仁は性なり。

勇は気なり。

配して以て三徳と為す。

妙理有り。



佐藤一斎 名言集2)


我れは当に人の長処を視(み)るべし。

人の短処を視ること勿(なか)れ。

短処を視れば、則ち(すなわ)我れ彼れに勝り、
我れに於(おい)て益(えき)無し。

長処を視れば、則ち彼れ我れに勝り、
我れに於て益有り。



佐藤一斎 名言集3)


自ら責むること厳なる者は、
人を責むるも亦(また)厳なり。

人を恕(じょ)すること寛なる者は、
自ら恕することも亦寛なり。

皆一偏たるを免(まぬが)れず。
君子は則ち躬(み)自ら厚うして、薄く人を責む。



佐藤一斎 名言集4)


自ら欺(あざむ)かず。

之(こ)れを天に事(つか)うと謂(い)う。



佐藤一斎 名言集5)


春風を以(もっ)て人に接し、
秋霜(しゅうそう)を以て自ら肅(つつし)む。



佐藤一斎 名言集6)


必ずしも福を干(もと)めず。
禍(か)無きを以て福と為(な)す。



佐藤一斎 名言集7)


よく人を容(い)るる者にして、
しかる後もって人を責むべし。

人もまたその責を受く。

人を容るることわたわざる者は
人を責むることあたわず。

人もまたその責を受けず。



佐藤一斎 名言集8)


一燈(いっとう)を提(さ)げて暗夜を行く。

暗夜を憂うることなかれ。

只だ一燈を頼め。



佐藤一斎 名言集9)


凡(およ)そ事を為すには、
須(すべか)らく天に事(つか)うるの心有るを要すべし。

人に示すの念有るを要せず。



佐藤一斎 名言集10)


幣を矯(た)むるの説は、必ず復(ま)た幣を生ず。

只だ当に学は己れの為にするを知るべし。

学は己れの為にするを知る者は、必ず之(これ)を己れに求む。

是れ心学なり。

力を得る処に至れば、則ち宜しく其の自得する所に任ずべし。

小異(しょうい)有りと雖(いえど)も、大同を害せず。



・・・・・・・・・・・・・・・


□他の名言も探してみますか?
佐藤一斎の名言・名ゼリフをヤフー検索


スポンサーリンク
| ホーム |

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。