スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

手話 簡単な単語を知ろう!

今回は、手話のお話です。

何かあった際にも役に立ちますので、基本的な手話の単語を知っておくことはオススメです^^

災害時や福祉関係の仕事、手話で知り合う機会も増えますよ。
スポンサーリンク

尚、日本語、英語、方言、男女で使う言葉に違いがあるように、手話は全共通ではありません。

同じ動作でも複数の意味をもつ単語もあります。
その場合は前後の文の流れで判断します。


手話で喜怒哀楽を表現する際には表情などに気をつけましょう。
例えば、楽しい表現なら楽しそうな表情、悲しい表現なら悲しそうな表情…。

楽しい言葉なのに、悲しそうな表情をしてたら、ちょっと変ですよね(^^;



【体】

頭、口、唇、腹、腹、乳房、胸、背中、尻などの部分は、その箇所を直接触って表現します。



【あいさつ】

・こんにちはの単語



人差し指と中指を立てて、指の先を額に当てます。
この場合顔が時計を示し、時計の長針と短針(人差し指と中指)が12時を指しています。

これは「昼」と同じ動作です。



・こんばんはの単語



手のひらを相手側に向けて広げ、自分の顔の前で手を交差させます。
だんだん暗くなる…という表現です。

これは「夜」「暗い」と同じ動作です。



・ありがとうの単語



絵のように、右手の小指側を、左手の甲の上に垂直におき、2~3回上下に動かします。
軽く頭をペコッと下げながら表現するといいでしょう。



・すみませんの単語



親指と人差し指で、眉間の中心をつまみ(眉間にしわを寄せて迷惑な様子を表現)、親指側を顔に向けた手を顔の前に垂直にして、その手を前に出します。

手話以外でも行う、頼みます・すみませんと頭を下げるような表現です。


手話は何時必要になるかわかりません。

たったこれだけの簡単な手話だけでも、役にたつ時が来るでしょう。


スポンサーリンク
| ホーム |

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。